リバイブラッシュのリニューアル – 2017年のリニューアルで何が変わった?

リバイブラッシュ リニューアル

リバイブラッシュは2014年9月の発売以来、2017年と2019年の2回リニューアルしています。

今回はリニューアルによって何が変わったのか?従来品と比べてのメリットとデメリットについて違いを比較して行こうと思います。

また未だにリバイブラッシュのリニューアル前の商品が通販やメルカリなどのフリマでも売られています。

そういったリニューアル前の商品を間違って購入しないように、見分けの付け方についても解説して行きます。

リバイブラッシュは2回のリニューアルで、無添加成分が増え、目元ケア成分(保湿成分など)が追加されています。

2019リニューアル後2017リニューアル後発売当初
パッケージ縦型横型(黒線まっすぐ)横型(黒線曲線)
無添加成分20種類19種類17種類
目元ケア成分10種類4種類+1種類
増量成分6つの成長因子ケア成分プロヘアリンβ4が2倍、ペプチド類10%増量
改善点定期3回縛りが解除
\60日間の返金保証付き/

リバイブラッシュの公式サイト

関連記事:リバイブラッシュの口コミ – まつ毛美容液の効果と評価

 

[リバイブラッシュ/リニューアル]最新版リニューアル後のパッケージ

まずはリバイブラッシュのパッケージがどのように変わったのか紹介します。

リバイブラッシュはリニューアルごとにパッケージを変えています。

もしメルカリでアウトレット品などを探す時には、リニューアル後のものか判断しましょう。

公式サイトで購入すれば、常に新しい物が届きますが、万が一、Amazonや楽天で購入する時もパッケージを確認すると良いと思います。

(楽天でリニューアル前の訳あり品が売られていることもあったので注意しましょう)

 
【2019年リニューアル後のパッケージ】

2019年リニューアル後の最新版リバイブラッシュは縦型になり、黒い部分が下に来ています。

リニューアル前は横型だったので、パッと見て判断が付くと思います。

 
【2017年リニューアル後~2019年リニューアル前のパッケージ】

2017年のリニューアル後(2019年リニューアル前)は横型のパッケージとなり、黒い線が「横に真っすぐ」引いてあるのが特徴です。

2017年リニューアル前とパッケージが似ているので注意しましょう。

 
【2017年リニューアル前のパッケージ】

一番最初の2017年リニューアル前のリバイブラッシュは横型のパッケージで、黒い線が「曲線を描いて」引いてあります。

メルカリを見ると、未だに2017年リニューアル前商品が売られているので恐いです…。

2017年リニューアル前商品もそろそり全滅するとは思いますが、使用期限は2年となっているので、古い商品は買わないようにしましょう。

 

[リバイブラッシュ/リニューアル]2019年リニューアルの変更点と成分

2019年のリニューアルでリバイブラッシュのどこが変わったのか?違いを比較して行きたいと思います。

このリニューアルで価格は同じままで、育毛成分や無添加成分が追加され、保湿成分も増えています。

今回のリニューアルで大きく3つの改善がありました。

2019年のリニューアルの変更点
・無添加成分が1種類追加
・新目元ケア成分が6種類追加
・6つの成長因子ケア成分を追加

新目元ケア成分(保湿成分)が6種類追加、成長因子ケア成分(育毛成分)が6種類追加と、かなり大きな改善になっています。

これで特に価格も変わっていないので、嬉しい限りですよね。

ここからは1つずつ説明して行きたいと思います。

 
【リバイブラッシュの無添加成分】

※赤い太字はリニューアルで変更または無くなったもの

2019年リニューアル前の無添加成分(19種類)
旧表示指定成分石油系界面活性剤合成着色料合成香料鉱物油
動物性オイル紫外線吸収剤酸化防止剤殺菌剤防腐剤
シリコンエタノール合成ポリマー緩衝剤キレート剤
溶剤へキシレングリコールオクタンジオールキャリーオーバー成分無し

 
※黄色アンダーマーカーは変更または追加になったもの

2019年リニューアル後の無添加成分(20種類)
旧表示指定成分石油系界面活性剤合成着色料合成香料鉱物油
オイル紫外線吸収剤酸化防止剤殺菌剤防腐剤
シリコンエタノール合成ポリマー緩衝剤キレート剤
溶剤へキシレングリコールオクタンジオールキャリーオーバー成分無し食物アレルゲン

無添加成分は2019年のリニューアルで「食物アレルゲン」が追加になったのと、「動物性オイル」が「オイル」に変更になりました。

食物アレルゲンの詳細については書かれていませんが、食物アレルギーの特定原材料7品目「卵、乳、小麦、蕎麦、落花生、えび、かに」が入っていないことになります。

他のまつ毛美容液で「小麦タンパク」が入っていることがあり、もしかするとリバイブラッシュでも微量の小麦タンパクが入っていたかもしれません。

もし小麦アレルギーの人が使うと、アレルギー反応を起こしていたかもしれないので、これは良い改善と言えますね。

 

また、動物性オイルが「オイル」に変更したのは、新目元ケア成分の「アルガンオイル」が他の成分に変更になったので、動物性・植物性オイルが無添加になりました。

油分がまぶたの裏に入り込むことで「ドライアイ」の原因になることがあります。

まつ毛の内側には「マイボーム線」という”目を乾燥から守る脂質が出る分泌腺”があり、上まぶたに約25個、下まぶたに約20個あります。

アイメイクでまつ毛の内側にアイシャドウやアイラインを入れることで、マイボーム線が油分で塞がれ、涙が蒸発しやすくなりドライアイになります。

リバイブラッシュが「オイル不使用」になることで、ドライアイの原因物質は防げたことになります。

 
【新目元ケア成分4種類 → 10種類】

2019年のリニューアルで新目元ケア成分が4種類から10種類に大幅アップしました。

目元ケア成分とは、「肌や毛包細胞に潤いを与える成分」で保湿成分などがたくさん入っています。

2019年リニューアル前の目元ケア成分(4種類+1種類)
アルガンオイル、スーパーヒアルロン酸、アナツバメの巣エキス、マイオキシノール、復活の木エキス
2019年リニューアル後の目元ケア成分(10種類)
奇跡のリンゴ発酵エキス、パンテノール、アシタバ葉エキス、マジョラムエキス、マイオキシノール、マリンコラーゲン、スーパーヒアルロン酸、マリンエラスチン、グリチルリチン酸、復活の木エキス

リニューアル前は「復活の木エキス」は目元ケア成分の扱いにはしていなかったようですね。

リニューアル後を見ると、コラーゲンやエラスチンなど、保湿成分が増えているのが分かります。

リンゴ発酵エキスは「4ヶ月間腐らない奇跡のリンゴ」から抽出した培養細胞エキスはハリや潤いを与え、エイジングケアにも優れているようです。

奇跡のリンゴ発酵エキス
 培養細胞エキスがハリと潤いを与える
パンテノール
 浸透性を上げる保湿効果
アシタバ葉エキス
 幹細胞因子発現促進作用、メラニン産生促進作用
マジョラムエキス
 育毛効果が見込める17型コラーゲンを産生できる
マリンコラーゲン
 皮膚の再生、みずみずしい肌を保つ
マリンエラスチン
 保湿、肌のキメや弾力の改善
グリチルリチン酸
 抗炎症作用、抗アレルギー作用、解毒作用

 
【6つの成長因子ケア成分を配合】

今回のリニューアルで「6つの成長因子ケア成分」が追加になりました。

表現が分かりにくいですが、いわゆる「育毛成分」のことです。

トリフルオロアセチルトリペプチド-2
細胞外マトリクスを保護し、真皮を活性化
トリペプチド-1銅
 男性ホルモン(DHT)の抑制と頭皮の血行促進
トリペプチド-3
 皮膚コンディショニング剤
ヘキサペプチド-3
 皮膚コンディショニング剤
デカペプチド-4
 紫外線やストレスにより発生したROSからのアポトーシス(細胞の死)を阻害
オリゴペプチド-6
 薄毛の原因となり発毛を妨げるタンパク質を減少させる

AGA治療でも使われている「トリペプチド-1銅」など、育毛効果のある6つのペプチドが含まれています。

育毛は「まつ毛の成長を促す」成分だけでなく、「抜け毛を防ぐ」「皮膚や毛穴を健康に保つ」成分も必要になってきます。

トリペプチドやヘキサペプチドは「皮膚や毛穴を健康に保つ」ための成分になります。

 

[リバイブラッシュ/リニューアル]2017年リニューアルの変更点と成分

2017年のリニューアルで何が変わったのか?改善点について違いを紹介して行きます。

2017年のリニューアルでは以下の4点の変更がありました。

価格はそのままで、いくつかの改良が加えられています。

2017年のリニューアルの変更点
・無添加成分が17種類から19種類へ
・新目元ケア成分が4種類追加
・複数の成分が増量
・定期コースの3回購入条件が解除

無添加成分が17種類から19種類と書いてありますが、その他に「統合された成分」もあるため、実際はもうちょっと無添加が増えています。

また、今回「新目元ケア成分」という潤い成分が追加されました。

定期コースも3回縛りがなくなり、購入しやすくなりましたね。

では、改善点を詳しく説明して行きます。

 
【リバイブラッシュの無添加成分】

※赤い太字はリニューアルで変更または無くなったもの

2017年リニューアル前の無添加成分(17種類)
旧表示指定成分石油系界面活性剤合成着色料合成香料合成ポリマー
鉱物油紫外線吸収剤酸化防止剤殺菌剤防腐剤
シリコンタール系色素オイルパラベンフェノキシエタノール
アルコール合成保存料

 

※黄色アンダーマーカーは変更または追加になったもの

2017年リニューアル後の無添加成分(19種類)
旧表示指定成分石油系界面活性剤合成着色料合成香料鉱物油
合成ポリマー紫外線吸収剤酸化防止剤殺菌剤防腐剤
シリコン動物性オイルエタノール緩衝剤キレート剤
溶剤へキシレングリコールオクタンジオールキャリーオーバー成分なし
合成保存料不使用・パラベン不使用 → 防腐剤不使用に統合
タール系色素不使用 → 合成着色料不使用に統合
アルコール不使用 → エタノール不使用に統合

に表記変更しています。

オイルが「動物性オイル」に変更になったのは新目元ケア成分のアルガンオイルが追加されたためです。

アルガンオイルは植物性オイルのため、表記が「オイル」から「動物性オイル」に変更されました。

「緩衝剤、キレート剤、溶剤、へキシレングリコール、オクタンジオール、キャリーオーバー成分なし」は新たに追加されました。

統合された成分も含めると「6種類の無添加が追加」されたことになります。

「キャリオーバー成分なし」は無添加成分なのか? と疑問に思ってしまいますが…。

 
【4種類の新目元ケア成分を配合】

アルガンオイル
 浸透力が高く潤いとハリを与える
スーパーヒアルロン酸
 保湿効果があり、通常のヒアルロン酸の約2倍の保水力がある
アナツバメの巣エキス
 皮膚表層の再生・修復を促し、肌にツヤとハリを与える
マイオキシノール
 シワやたるみの予防改善

さらに2017年のリニューアルで4種類の新目元ケア成分が追加されました。

新目元ケア成分は基本的に「保湿や潤い」などの機能があり、「抜け毛を防ぐ」効果や「強いまつ毛を育てる」効果があります。

もちろん、肌にも良いので目元の皮膚の潤いにも効果があります。

 
【復活の木エキス】

復活の木エキスとは「グリセリルグルコシド」という成分で、アフリカの世界遺産・ナミブ砂漠に、復活の木と呼ばれる不思議な木があります。

この復活の木は枯れた木のように見えても、水分を含み始めてわずか3時間後にすこやかな活力状態に復活します。

復活の木(グリセリルグルコシド)には5つの効果があります。

アクアポリン3を増やす
 アクアポリンという細胞にある「水分の通り道」を増やして肌の乾燥を防ぐ
コラーゲンが固まるのを防ぐ
 紫外線が原因で起こるコラーゲンの固化を防ぐ
メラニン産生を抑制する
 グリセリルグルコシドはシミの元になるメラニンの生成を抑制する
肌のバリア機能を形成する
 肌のバリア機能を持つたんぱく質「フィラグリン」の生成を手助けする
抗炎症
 炎症を抑える作用がある

復活の木エキスは、いろんなスキンケア商品に入っている潤い成分です。

 
【リニューアルで増えた成分】

リニューアルによって増えた成分もあります。

特に金額が変わった訳ではないので、企業努力が素晴らしいですね。

プロヘアリンβ4が2倍
 発毛のための指令塔となる組織を活性化して毛包幹細胞を生成する機能
ペプチド類の成分が10%増量
 「オリゴペプチド-24」「オリゴペプチド-41」「オリゴペプチド-20」「アセチルデカペプチド-3」が10%増量

オリゴペプチドやアセチルデカペプチドはすべて「保湿成分」です。

 
【定期コースの継続条件が解除に】

リニューアル前は定期コースが「最低3回継続購入」しないと解約できませんでしたが、この〇回縛りがなくなり、1回購入後、すぐに解約できるようになりました。

これで気楽にリバイブラッシュを買いやすくなりました。

1回購入する人も、定期コースを選ぶとお得に買えるので嬉しいですね。

 

[リバイブラッシュ/リニューアル]リニューアルは定期コースであればつねに最新版

リバイブラッシュは過去に2回リニューアルしているので、今後のリニューアルにも期待したいところですよね。

リニューアル前の商品が悪い訳ではありませんが、毎回、リニューアルは改善を重ねているので「最新のリニューアル品を買いたい」という人も多いはず。

リバイブラッシュは公式サイトの正規品以外にも、Amazonや楽天などネット通販でも購入することができます。

ただ、リニューアルは公式サイトから行われ、Amazonや楽天などは在庫がなくなるまでリニューアル品を販売することができません。

「リニューアル品を早く買いたい」という人はリバイブラッシュの公式サイトから購入するのがおすすめです。

 

楽天のリバイブラッシュの一覧ページを見ると、未だにリニューアル前の商品が売られています。

(少し安くなっていますが)

楽天などの大手ネット通販でも在庫があまってしまい、リニューアル前の商品を売ることもあるようですね。

 

メルカリなどのフリマアプリではリニューアル前の商品がズラリと並んでいます。

「安いからフリマで買おう」と思う人もいると思いますが、フリマではリニューアル前の商品や「使いかけ」の商品も売られているので止めておいた方が良いと思います。

リバイブラッシュの先端チップは「取り換えることができない」ので、他の人が使った先端を自分のまつ毛に使うことになるため、衛生的にもあまり良くありません。

最新のリニューアル品を手に入れるためにも、リバイブラッシュの公式サイトで正規品を購入するようにしましょう。

\60日間の返金保証付き/

リバイブラッシュの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました